そもそもこの歳にもなって英語塾で学習しようとしたキッカケといえば、ビジネス英語の運用力を測る指標のひとつであるTOEICでは既にスコア900を超えていたものの、これから会社員を卒業して英語を教えるという第二のキャリア形成を考えた場合、日本国内で重宝される資格としてはTOEICよりも英検だと知ったことでした。

それから足掛け2年間、秋谷アカデミーさんにお世話になり、1級は2度目で何とか合格することができました。

TOEICスコアアップのための学習は読む・聴くともに相当進んでいたとの自負はありましたが、英検の過去問題を解いてみると例えば長文読解では(TOEICとは異なり)、まず1問の文量が多いこと、そして最大の違いは(アカデミックなトピックが多いこともあり)「流し読み(ザクっと読み)」が効かないことを実感したのでした。

この塾では特に、長文を一文ずつ和訳していく中で、前後の段落関係の正確な把握や語句の正しい理解等々、非常に丁寧な御指導をいただいたこと、加えてトピックについての背景知識、例えば歴史的背景・社会的背景にまで及ぶ解説をいただいたことで、1級で求められる「広く社会生活で求められる英語を十分理解できる」力を養う助けになったと思います。ひと言でいえば、「わかった気になった」という曖昧な状態(=流し読み)から、もう一歩進んで「真に内容を理解した」状態になれたと感じています。

以上に加えて、英検で要求される「4技能のバランス」を高めるために、特に「聴く・書く・話す」ことについては、自身で補強をしていきました。(自分にとって多少負荷がかかる程度のトレーニングが肝です!)もちろん塾のプログラムの中にも多少は含まれていますが、それだけでは不足すると思いますので、是非ご自身で補強いただくことをお勧めします。

あと、授業中のコツを一つ! 「不明点は必ず質問!」です。これは、二次試験(プレゼン+Q&A)の時にも役立つ、大事な「姿勢」の一つと感じました。

言い古された言葉ですが、やはり”(Intensive) practice makes perfect.”です。

Good Luck!