ビギナーの方への指導方法は、低学年、中学年、高学年によって異なります。

1・2年生は、あまり理論を介せず、日本語での要点説明はしますが、できるだけダイレクトメソッドで楽しく英語にふれ、「英語は得意だ。英語は大好き。」という気持ちを育てます。日常生活に密着した英単語と基本会話をできるだけ多く覚え、英語に対する具体的な興味を育てながら、英語のリズム・テンポ・センスをマスターしていきます。
3・4年生位からは、理論的説明も少しずつ無理なく加えて、英語力の骨格になる基本文法を自然にマスター、英会話と読み・書く力を伸ばします。英検合格力もつけていきます。
5・6年生は、論理的思考能力がかなり育っているので、単語や熟語・文法も論理的に説明してマスターしていきます。中学で習う文法の課程を先取りをしながら、英会話と学校英語の融合を目指します。

小学生は英語を習うことで、日本語という母語もより確実になります。かつ発音も、他の年齢層より、早く自然にマスターできます。中学生では時間的制約でカ バーできないフォニックスの理論(文字と音との関連性を方則化して覚える学習法)も、単語数を増やしながら楽しくマスターできます。小学生で英語のレッス ンを始めるのは理想的ですね。