英語基礎体力を強化する事が先決です。まず基礎となる文法・構文を演習問題等で正確にマスターし、その文法・構文単元を応用した長文をできるだけ多く読解・Listeningする事で、文法面もさらに正確にマスターしていきます。単語・熟語も英文の用例の中で無理なく増強していきます。
英語基礎体力がある程度ついてきたら、入試過去問の良問を選び、レベルの合った英文をできるだけ多く解いて、ボリューム・速度・正確さ共にマスター、難関大学の受験英語にも対応できるよう、レベルを上げていきます。
入塾時の面談で、どの単元までマスターできているかをち密に測定しますので、苦手な分野が明らかになり、それをマスターするのにどれだけ学習時間を費やせるかに応じて、グループ指導・個別指導を選択、又は組み合わせて履修していきます。適確なコース・カリキュラムを着実に学習することで、受験英語は、システィマテックに効率良く攻略できます。