私が秋谷アカデミィに入塾したのは高校1年の夏休みでした。私はアメリカに2歳のときから11年間住んでいて、日本で中3の時に英検1級を受けました。一次はなんとか1回目で受かったのですが、二次は2回も落ちてしまいました。それもそのはず。私は二次試験の前日に過去問題を少し読むくらいしかしていなかったのです。自分の英語力に自信を持ちすぎていました。一次は過去問題を解けば力がつきますが、二次の面接は面接官との会話やスピーチなので、1人で練習しても上達しない気がしました。このままではあと2回の二次のチャンスも無駄にしてしまいそうだったので、秋谷アカデミィに入塾することに決めたのです。

私は平澤先生による1対1の授業を週1回受けました。はじめは市販の英検の過去問からスピーチのテーマを選び、2分間のスピーチの練習をしました。最初の頃は時間を計られることに緊張しましたし、全くスピーチにまとまりがありませんでした。でも平澤先生はいつも優しくスピーチの良い点を褒めて下さり、そして直すべき点も指摘してくださいました。毎回宿題として二つほどテーマをもらいそのスピーチを書き、次の授業でそれを発表し、先生が直すべき点をおっしゃってくださいました。

私の英語は口語的要素が強くて、文法的に間違っている点も多いことが分かり、しばらくの間はスピーチの書き方を練習しました。そしてもう一つ私の弱点として、時事問題をほとんど知らないという点がありました。ニュースは人並みに見ているつもりでしたが、環境問題や社会問題など、二次試験で出そうなテーマのことは全くといっていいほど理解していませんでした。そこで毎回平澤先生は「こんな記事があったよ」と言って、とてもわかりやすい新聞記事を持ってきてくださいました。そして英語で書かれたインターネットニュースなどを読むことを勧めて下さいました。英検が近づいてくると再びスピーチを言う練習に戻りました。過去問に載っていないけどテストに出そうな問題なども宿題してくださり、一時間とことん2分間のスピーチの練習をしました。最後の授業の時に先生が「あなたなら絶対受かるから、自信を持って」とおっしゃって下さり、とても自信がつきました。そして入塾最初に受けた二次面接で見事合格することができました。成績は飛躍的に伸び、28点も上がりました。これも全て秋谷アカデミィのおかげです。