秋谷アカデミィに伺ったのは六月も末、英検1級二次試験の二週間ほど前でした。前回の試験で一次は合格したものの二次で失敗し、対策に頭をかかえていた時です。

横浜に転居してまだ一年程で、綱島に来るのもはじめてでした。たまたま見かけた「英検1級」の看板に予約もなしに飛び込み、即入塾しました。私は留学も海外滞在の経験もありませんので会話やスピーチはとても緊張します。英語科の大学を出ていますが、それも二十年も前の話で現在では英語で話す機会は全くといっていいほどありません。スピーチとなると全くお手上げ状態で、不合格になっても何が悪いのかさっぱりわかりませんでした。 試験が迫っていたので平澤先生のプライベートレッスンを都合のつく限りお願いしました。

「英会話」と「スピーチ」は全く別物です。実際、不合格になった時の面接試験でも、自分では調子よく受け答えもでき、和やかに楽しく話せたと思うのですが、かなり低い点しかとれていませんでした。実際にレッスンを受けてみると、自分では気付かなかったことですが(1)文の出だしの音が小さい(2)言い回しがくどい(3)時制や三単元にミスがある-などの欠点を指摘されました。また自己流では論旨の展開がワンパターンになりがちです。同じテーマでも別のスピーチの組み立て方を示していただいて物の見方を広げることができたと思います。

私の拙い(謙遜ではなく中学生の作文以下の文章です)スピーチも「大丈夫。」とほめてくださり、ご自分の経験もふまえて緊張しない方法もご伝授いただきました。今から思うと前回の不合格の時は、我知らず肩に力が入りすぎていたのも敗因だったかも知れません。

ネイティブのプライベートレッスンも何度か受けたことがありますが、こと英検に関しては経験のある日本人の先生の指導の方が有効です。私の選択にまちがいはありませんでした。 勉強の途中は進歩が感じられず、辛い時期が長かったのですが、合格してみると今まで自信のなかったことも霧が晴れたようにすっきりとして、「英語がわかる喜び」をかみしめています。一番嬉しいのは今まで電車の中でコソコソ読んでいた英字新聞や雑誌を堂々と読めるようになったことでしょうか。合格で得た自信が実力を高めてくれるように思います。とはいえ、1級はまだまだ出発点です。これからも更に研鑽を積まねばと決意を新たにしています。

英検1級は決して雲の上の資格ではありません。私のように若くなくても、仕事を持って子ども(中学生を頭に三人います)の世話で勉強時間が思うようにとれなくても合格できたのです。意思とプロの指導があれば必ず合格できます。志を立てに皆さん、是非頑張って下さい。

image-24 image-25 image-26 image-27