私が入塾したのは5月頃であったと思います。現役生の時は志望した大学をほとんど落ちてしまい、自分の行きたい大学に行くためには英語を武器にして戦う必要があると感じました。

大学入試において英語の中でとりわけ重要なのは長文読解です。というのも、配点が高く割り振られており、量も全体の半分以上を占めているからです。そのため、長文でいかに点数をとるかが勝負となります。しかし、長文の他にも文法問題や発音・アクセントなど頭を悩ませる問題は多くあります。

つまり、長文読解は速く・正確に解くことがゴールとなるのです。そのために定期的にそれらを意識して長文を読む訓練が必要となります。それを秋谷アカデミィで田中先生と毎週取り組んでいきました。定期的に長文を読み、丁寧に振り返る作業を一人でやるのは中々勇気のいることです。それを毎週、時間を決めて通塾し、分からないこと、苦手なことを聞くとすぐに田中先生が対処してくれました。

おかげで数ヶ月経つと少しずつ、強く意識しなくても速く正確に読めるようになっていると実感し始めました。また、受験校を選ぶ際に英検準1級を持っていると有利になる大学が複数あることに気付き、急きょ英検対策も始めました。

一次試験の対策はかなりギリギリに始めましたが、これも田中先生に協力して頂き、無事に準1級を取得することができました。最終的に自分の目指した大学に行くことができました。

地味な作業をするだけの授業だと思い、最初は乗り気でなかったのですが、しかし、毎回明るく指導して下さる田中先生と取り組むことで頑張ることができました。

田中先生をはじめ、お世話になった方々に深く感謝申し上げます。