私が秋谷アカデミィに入塾したのは高校一年の二月頃でした。中学2年に英検2級を取ってから、次は準一級だと教材を開いたら、見たことのない単語ばかりでその意味までもが難しく、すぐに単語集を閉じ一年間は開くことさえしませんでした。そこから高校生になり、夏に短期留学に行きました。そのことにより「英語を話せるようになりたい」との思いが強くなり、その第一歩として今の私には準一級が必要だと思い、以前姉がお世話になっていた秋谷アカデミィで指導していただくことになりました。

入塾してからは、週に一度指導していただき、次の授業までに振り分けられたパス単を暗記してテストで確認するといった流れでした。はじめは、私の語彙力が劣っていたこともあり覚えるのにとても時間がかかりました。しかし単語集を何周もすることで今回の英検では、ほとんど単語が頭に入っている状態で受けることができました。

私はリスニングが苦手で、なかなか過去問の点数が伸びなかったのですが、常日頃からリスニングを聞き流すようアドバイスを受け以前よりも単語が一つ一つ聞き取れるほどにもなりました。でもやはり、そこでは点数を稼ぐことは難しかったので一番得意であったリーディングの長文でリスニングの点数を補うようにしました。これらの入念な指導のおかげで、本番でも用意周到に取り組むことができ、無事目標であった英検準一級とIELTS5.5を取得することができました。

また授業では英検やIELTSの他に、学校の課題や英語でのプレゼンテーションも対策していただき、常に好成績を取ることができました。これら全ては、秋谷アカデミィでの個人指導を受講したからこそ、「苦手な分野は改善」、「得意な分野は更に伸ばす」ことが自分のペースで進めることができたのだと思います。高木先生の指導のもと、英検一級を目指してこれからも頑張りたいです。